MENU
makoto/sayo
自由人/パート主婦
makoto:
投資経験は結構長い。
株 現物/信用 オプション FXなど
一通りやって生き残ってきた。
瞬間で最大マイナス500万まで食らった経験あり。最終的にはプラスであったが諸事情にて界隈から離脱して現在に至る。

sayo:
投資経験0
仮想通貨が貯金のかわりになるのか
ひたすら疑問に思っているが昨今の低金利で貯蓄の意味が分からなくなりつつあるのでコレもありかと考えるようになった。
すべて興味津々。投稿にはあまり顔を出さない予定だが儲かったら記事を書くらしい笑

MACDの特徴をゆるく説明

この記事を書く人の経歴

阪神大震災の年に父親の遺産でホールドしていた不動建設4000株で爆益を得て
そこから株取引にハマる。 ライブドアショックやリーマンショックを乗り切り
体と会社をぶっ壊すつい最近までリアルに取引していた。
現物取引以外に信用取引、オプション、FXなど色々経験してきたおっさん。
一応生涯損益はプラスで退場した。現在はすべて精算して基本は現物(現金のみ)の生活。
一部自動売買でポジションはもってる感じ。

まずこの記事は元々テクニカル売買がメインだった僕が
チャート見てみたけどなんだかさっぱりわからんわーって人(うちの嫁みたいな人)を対象に
書いてます。

contents

今日はMACDを覚えてみよう

MACDは使用している方多いと思います。

結構判断に多様性が求められるテクニカルかなあと個人的には思ってます。

他テクニカルと合わせて判断材料として使うといいと思います。

実際の使い方

基本は移動平均線と同じ感覚でゴールデンクロス・デッドクロスで判断します。

ただ移動平均線と比較するとテクニカル自体の感度が高いので

早期にトレンド転換を察知できるメリットと同時に 俗にいる「騙し」が多数発生しがち。

騙されないようにRSIやヒストグラム、トレンドフォロー、移動平均、支持線や抵抗線などを駆使して

自分で総合的に判断するためにつかうテクニカルですな。単騎利用は経験上お勧めしません。

画像で見てみましょう

この画像の1番下のテクニカル図がMACDです。

青と赤の線が移動平均みたいに動いているのがわかりますね。

判断の仕方は移動平均のゴールデン・デッドクロスと同じですが

見ての通り頻繁にクロスするポイント多いです。

この感度の高さで早期にトレンド変更を察知できるといえばその通りなんですが

ゴールデンクロスしたのに大して上昇しないうちにすぐにデッドして

そのタイミングで決済したら手数料がもったいないレベルの利益とか実際にあり得る話です。

なのでその上にあるRSIで売買ボリュームを確認しつつMACDの真ん中にある棒グラフ(ヒストグラム)を確認して

これから上昇するのか下降するのか予測します。

信頼性を上げるために着目する点を覚えておこう

MACDのグラフの中心線は0ですがゴールデンクロスした後このラインを超えてる

上昇トレンドなら信頼性はかなり高いです。

ですが実際そこまでまっていると若干出遅れ感もありますが「頭と尻尾」の観点から言えば

それが長期の安全な判断かもしれませんねw

やはりRSIとMACDの真ん中にあるヒストグラムを一緒に確認しながら売り買いを決めるのが

良いと思います。

ヒストグラムの判断

これはRSIが棒グラフ化したものと感覚的に似てると思います。

ただRSIと違って アップトレンドなのかダウントレンドなのかはぱっと見でわかりますよね。

グラフの棒が右肩上がりならアップトレンド 右肩さがりならダウン。

さらに0の中心線より 上なら強気 下なら弱気相場であるのもよくわかります。

そして相場の転換期がよくわかりますね。未来の予想がしやすいと思います。

ヒストグラムとMACDとRSI 移動平均から判断すると 本日時点では・・・

ヒストグラム > 短期弱気相場に転換するかも?

MACD > 位置は低いがデッドクロスしはじめ(この先短期弱気予感)

RSI > 直近で70%超えして下落しているのでしばらくダウントレンドもしくは揉み合い。

移動平均 >上昇トレンド継続 長期なら引き続き買い継続

ただし支持線に注意 520、 440、 360付近下落突破は要チェック。トレンドが大きく変わるかも。

まぁこんな判断ですかねぇ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
contents